安全運行は、運送業務に携わる私たちの社会的責務であると考えます。
安全確保の使命を果たすため、経営の強い意志と社員一人一人が自らの役割と責任の自覚のもと、知識と能力の限りを尽くして、日々の運行を確実に遂行していくことを目標としています。

安全運行を遂行するために弊社では以下の通り行動しています。

1、規則を遵守し、基本に忘れずに業務を遂行します。

2、憶測に頼らず、自らの目で確認します。

3、全ての情報を忠地の間違いなく伝達し、透明性を確保します。

4、トラブルやタスクに迅速そして的確に対応します。

5、問題意識を持ち、変革に常にチャレンジします。

これらを「安全憲章」とし、社員全員が運行する車両に貼付されています。

Gマーク企業としての責任

弊社は平成29年12月にGマークを取得しました。

わが社の事故防止のための安全方針

初心を忘れず安全・安心・丁寧をお客様にお届けすることが私たちの使命である

社内への周知方法

営業所内、社内への掲示、点呼時唱和

安全方針に基づく目標

人身事故ゼロ、労災事故ゼロ、追突事故ゼロ、商品破損自損事故3件以下

目標達成のための計画

「私は絶対に事故を起こさない」と毎日点呼時に言う。
車両の特性をより深く理解する。
車間距離はとにかく多めに!
事故防止講習会を年間4回実施
車両代替時の安全装置を随時導入(ドライブレコーダー・居眠り警報装置・バックカメラ)

わが社における安全に関する情報交換方法

年間4回(1月、4月、7月、11月)度営業所にてドライバーと意見交換会を実施する
安全管理者による同乗
自社作成のチェックシートの活用
目安箱設置
業務提携先との安全会議(5月、10月の年2回実施)

わが社の安全に関する反省事項

ミラー接触などの自損事故の多発
安全に対するドライバーの意識がまだまだ低い

反省事項に関する改善方法
「…かもしれない」運転の周知徹底
意識改革会議等の随時実施

わが社の安全に関する目標達成状況(現時点の情報)

人身事故ゼロ、労災事故ゼロ、追突事故ゼロ、商品破損ゼロ、自損事故3件

わが社の自動車事故報告規則第2条に規定する事故0件

わが社の事故に関する情報

重大事故は発生しておりません